• 飛び散る水
    ウォーターサーバーからは放射能が検出されていないため、安心して飲用できる水として非常に高い人気を誇っています。
  • ウォーターサーバー
    市販の水にも様々な価格のものがありますが、基本的には500mlで80~120円程度となっています。

蛇口をひねらなくても美味しい水を飲むことができる給水・給湯機器として、「ウォーターサーバー」というものがあります。 ■ウォーターサーバーとは ウォーターサーバーとは、水道がない場所でも簡単に美味しい冷水や温水を出すことのできる機器のことです。これは、上部に水の入ったボトルを設置するだけで飲料水を出すことができるので、病院や薬局などといった公共の施設でもよく利用されています。 ■一般家庭でも また、公共施設だけではなく一般家庭の中にもこれを使用している家庭は多いです。水道から流れ出てくる水とは様々な物質が含まれているため、人間の身体にとっては良いものではありません。そのため、特に健康面を意識しているような家庭ではウォーターサーバーとは非常に人気の高い機器の一つなのです。 ■現在では このように、健康意識が高い家庭では昔から使用されていたウォーターサーバーですが、最近ではこれを設置する家庭が急激に増えてきたと言われています。この原因としてあげられるものが「放射能」です。水道水から放射能が検出されたというニュースが報道されてから、このウォーターサーバーの注文数が急増したのです。

種類

原子力

ウォーターサーバーには、「人工水」と「天然水」という2種類の水が使用されています。

■違い
どちらの水も不純物などを取り除いたものです。しかし、人工水では「ろ過・沈殿・加熱処理」では除去できないような細菌(放射能)などもすべて取り除くことができます。その代わりミネラル成分なども取り除かれているため、天然水に比べると美味しさでは劣ります。
天然水にはミネラル成分が豊富に含まれており、そのため美味しく水を飲むことができます。

美味しさで選ぶのであれば天然水を、より高い安全性で選ぶのであれば人工水を選択すると良いと言われています。

赤ちゃん

コップのお水

大人と赤ちゃんでは、内蔵の発達度が違います。そのため、消化や吸収、排泄などの働きがうまくいかないこともあるのです。

■ピュアウォーター
そんな赤ちゃんにはピュアウォーターが適していると言われています。これは余計な成分が含まれていない水となるため、内蔵の発達が未熟な赤ちゃんでも安心して飲ませることができます。栄養素が多いものだと、内蔵に負担がかかってしまうことがあるのです。
そのため、放射能を防ぐためだけでなく、赤ちゃんにも安全なウォーターサーバーを使用することが有効なのです。

ポイント

しずく

各メーカーからウォーターサーバーが提供されているため、どれを選べば良いのかが分からないという人も多いです。そこで、選ぶ際に重視したほうが良いポイントについて紹介します。

■安全性
まずあげられるのが安全性です。放射能についてしっかり調査されているメーカーを選択しましょう。
■水源の数
水源の数が少ないと、その水源から放射能が検出されたとなれば水の提供が止まってしまいます。いくつか水源を持っているのであれば、別の水源から安全な水を提供してもらうことができるのです。
■料金
ウォーターサーバー本体だけではなく、レンタル代やメンテナンス代などといった様々な費用についてもしっかり考えておく必要があります。トータルの料金をチェックしておくということが大切です。
■種類
使用した後のボトルは、業者が回収するというメーカーとそのまま自宅で捨てるというメーカーがあります。ボトルを保管しておくスペースについても考慮し、その家庭に合った方法のメーカーを選択しましょう。
■お試し
ボトル1本を無料でお試しすることができるメーカーもあります。まずはこういったものから使用してみると良いです。
■口コミ
実際に使用した人の口コミも必ず参考にしましょう。